子供の分離不安について

分離不安というのは、幼い子どもがお母さんから距離を置くとすぐに泣いてしまったり後を追う素振りを見せることを意味しています。

 

歳に差し掛かると、子どもは親と一緒にいると安心することができ自分に必要な存在と感じています。

 

ころが、この年頃の子どもでは記憶したり時間を把握することは不可能なため、いったん親が離れたら戻ってくるかが見極められずに、不安になると言われています。

 

のうち戻るだろうと考えられるようになれば、不安症状は改善されてくるのです。

 

この症状は、子どもとお母さんの関係が上手くいっていることを示していますが、あまりにも反応が強い場合には、それに苦労させられることになります。

 

通常は、3歳くらいまで成長すると分離不安の症状が出なくなってきます。

 

のため、このあたりまでは子どもの状態を見ていくくらいで大丈夫だということです。
しかしながら、その状態がいつまでも続くと、その先学校生活を送る上で見過ごせない問題となるでしょう。

 

家を離れるだけで不安な状態に陥って家に引きこもっている、親との距離を開けられない、頭痛や腹痛や悪夢に悩まされていると伝える・自分だけで睡眠ができないなどの症状が続きます。

 

足を運んだ経験がないところに行くことに対し不安を覚えることは往々にしてありますが、その症状が激しく出ている状態が続くようであれば分離不安を心配をしてみたほうがいいかもしれません。

 

過度の不安症状が1ヶ月以上続いているようなら、病院に行き医師に相談することも検討しましょう。

 

医師による適切な治療が子どもの不安感を消すのに役立ち、気分も落ち着いてくるでしょう。

Pick UP

4 http://mi.0ch.biz/ c Btype