不安障害について

子どもの中で15%程度が成長の過程で不安障害になると言われており、分離不安もこの一つの要素となります。


不安障害は一種類だけでなく、分離不安だけでなく、有名なところで言うとパニック障害、強迫性障害、また恐怖傷害や特定恐怖症、急性および外傷後ストレス障害が存在します。


治療は、なるべく早く行うことが良く、悪くなってしまう前に処置を施すようにしましょう。


分離不安障害の治療では、発症した年齢に見合った治療を行う必要が出てきます。
家族療法・薬物療法・認知行動療法・遊戯療法などの手段を採用して治療を施します。


遊戯療法というのは、3歳から12歳の子どもに対してよく効くと言われる治療で、遊びの中で感情の調節方法や他の人との関わり方について学ぶことができます。


遊びを続けることで本人の発達状態を把握し、子ども本人が心の中で起きている葛藤を見極めることが可能になります。


認知行動療法というものは、なぜか物事を良くない方向に考えやすい傾向にある子どもを分析することから始めます。


通常の人たちとは違う考え方に傾いている思考パターンを改善するのが狙いです。


悲観的に物事を捉えるような頭から、楽観的に捉えられるような頭を持つようにサポートしてくれます。


家族療法とは、分離不安障害になっている本人だけでなく、いつも一緒にいる家族にも関わってくるものです。


家族間のつながりを良好にすることを意図した治療のやり方で、本人をはじめとする家族全員を一つのまとまりと捉え、相互治療によって効果をアップさせていきます。


薬物療法と呼ばれるものは、抗不安薬を駆使して治療を進めていくものです。


治療というものは気長に構えて、すっかり治るまで粘り強く取り組むことが肝心なのです。

Pick UP

www.leyjun.com 学生ローンは審査が甘い linkss