子供は不安なんです

分離不安を引き起こしている子どもは、いつも何かしらの不安を有していると考えられています。


自分が安心できる家や部屋や人などから離れた際に、激しい不安を覚えて辛い気持ちでいっぱいになります。


離れた状態で目にうつらない相手を思って不安になるのが特徴であり、様子がわかっていなければ気持ちが収まらないくらい心細い状態になるそうです。


共にいないときに、大切な人の身に悪いことが起こるのではないかと心配するのです。
このようなことから、一人だけで家を出られない状態になったり、家でも自分だけでは部屋で過ごせない子どもも見られます。


そんな子は親からずっと離れることなく、家の中にいたとしても親が見えるところから離れようとしません。


分離不安になっている子は、部屋に一人で眠ることも困難なのです。 完全に眠り込んでしまうまで、付いていてもらわないとどうにもならない子どもは珍しくありません。


眠り込んだ後も悪い夢を見てしまう子どもも稀でなく、家族がおかしなことに巻き込まれてしまう夢を見てより一層不安を感じることもあります。


信頼できる人から離れることによる不安から身体的な症状が生じるケースもあり、下痢や腹痛、さらに頭痛などの症状が当てはまります。


こうした症状を話された親は、その症状が分離不安の症状であると認識するのが難しいときがあります。


不安を抱えることによりこうした症状が出てくることは数多く例があるため、身体的症状も分離不安に含まれると知っておきましょう。


こうした症状が1ヶ月過ぎても解消されないのであれば、分離不安障害だと診断される可能性があり、治療を受ける必要が出てきます。


早い時期に治療に着手することで、自分で調整する方法を習得させることが可能となるため、早めの適した治療が大事になります。

Pick UP

r コンタクトレンズ通販ランキング.com p b