分離不安は不登校の起因にも?

不登校の発端になってしまうことは多種多様であり、分離不安と呼ばれるものもその一つになります。


その他には、良い子でいることに疲れている、学校で問題が起きている、無気力、甘え、神経症、発達遅延、学力遅延といったものが例として挙げられます。


分離不安からくる不登校には特徴があり、小学校低学年のときに発症し、お母さんから離れることができなくて学校に行くことができなくなります。


でも、母親が学校にいてくれるという条件なら、元気に学校生活を送ることができます。分離不安の症状が重くなると、赤ちゃん返りといった普通ではありえない態度が見られるようになります。


分離不安に起因する不登校の子どもを、登校させることを計画するのであれば、まずは母親が同行するといった対処方法を実践しなくてはいけません。


学校からサポートを受けることも欠かせず、担任に理解してもらうことと、保健室の先生と連携して見守る体制を整えることが必須です。


お母さんが来ていることを把握していれば、スムーズに学校に行くことができますから、時間をかけて離れていく訓練をするようにします。


自分一人で教室に行くことが無理でも、保健室なら入れる子や、放課後なら行くことができるという子も存在します。


分離不安の治療だと認識して、ゆとりを持って対処していくことが早い回復へと通じます。分離不安に起因する不登校の性質というのは今挙げていったものになりますが、該当するところがないのであれば、別の原因かもしれません。


不登校の要因というのは数多くあるため、広い視野で分析を行い、子どもにとってベストな治療方法を選択してあげましょう。


治療中は進展と後退を繰り返すこともありますので、決してあきらめずに粘ることが必要なのです。

Pick UP

学生カード 審査 http://oldstonedoctor.co.uk/ ku http://www.salon-siesta.com/"