ペットが分離不安になる原因

ペットに見られる分離不安は、飼い主がペットを正しく飼っていないことが元になっていると目されています。


分離不安の症状が確認されると、飼い主はペットが困ったことをしでかすたびに振り回されてしまいますが、これはペットに原因があるのではありません。


飼い主側が適切ではない繋がりができてしまったことにより、問題のある行動を起こすようになってしまったのです。


分離不安というものは、猫と比較して犬のほうが多いとされています。


自分一匹だけでも平気に行動できる猫とは反対に、飼い主との信頼関係を強く築く犬のほうに分離不安になりやすいのです。


けれど、猫の場合でもどのように育てるかで重大な分離不安障害となる可能性もあるのです。症状が起こりやすい犬であれば、必要以上の触れ合いが根元にあるようです。


犬の世界では、ある程度まで子犬が育つと、どれほど欲しいとねだられても母犬はお乳を差し出すことはしません。


成犬に向けての第一歩ということで、母犬が超えるべきハードルを用意しているのです。人間のペットとの付き合い方は、人間の赤ちゃんを育児するように必要以上の世話を焼いてしまい、そういう人間の態度が子犬が健全に成長するのを阻んでしまうのです。


こうした過剰なまでの環境で成長した犬は、飼い主から短い時間でも離れることができなくなってしまいます。


一匹で過ごすことを余儀なくされてしまったときには、不安感で満たされて自らをコントロールできなくなります。


糞尿を室内の複数箇所にしてしまったり、自分で自分に傷を負わせる行動などもあるのです。


ペットはかわいいものですが、人間の価値観で犬を育てていることを知り、ほど良い間隔を保つようにするといいでしょう。


分離不安の症状が出ているペットというのは、不安な気持ちに支配されています。
そのような症状で苦しませないように、間違った飼い方はしないようにしましょう。

Pick UP

gs xp ra fg