ペットの付き合い方を変える

ペットを分離不安障害から救うためには、ペットとの付き合い方を改めることが求められます。


併せて、今までの意識を変更することも重要で、ペットを操る強靭さを覚えなければなりません。


犬を飼う場合には、主従関係を明らかにしてください。


できあがった関係があいまいになってしまったことが、分離不安などの元になるのです。このようなことを理解して間違いのない飼い方をすることで、徐々に問題行動が解消されていきます。


分離不安でペットに負担を与えないように、飼い方を見直していきましょう。
他にも、ペットから見た飼い主という存在の認識の仕方も改めることが重要です。

 

飼い主というのは主であり、自分は飼い主に対して従う立場にあるのだとわからせましょう。


散歩や食事の方法も変える必要がある飼い主も少なからずいるはずです。


食事は飼い主よりも後に与えているか、散歩のときの歩く速さは飼い主が決めているかなどのように、意識しなければならないことがあります。


一般的には、飼い主が主となって生活リズムをとることであって、ペットを中心としたものであってはいけないのです。


これまで挙げてきたことは、いきなり自分たちで実践しようとしても、なかなかうまくいきません。愛情を注いでいるペットに甘えられてしまうと、決心が揺らいでしまって以前と同じ飼い方をしてしまう人もたくさんいます。


分離不安だと少しでも思ったら、訓練士や動物病院などに助けてもらい、ペットと飼い主と協力して治療しましょう。


困った行動に出た場合の対応策や、常日頃からの生活状況なども知らせて、早期に治療に取り掛かりたいところです。

Pick UP

母乳 http://face.lacapagira.com/ おまとめ 赤ちゃん